Satochang’s blog

この瞬間、わたしが感じたことを信じて、周りは置いといて、自分の道を歩んでゆく  ふたりの子ども 働く 生活

好きなことを、忘れるほど


子どもたちの宿題が終わらない








毎日毎日、やっているはずなのに
夏休み後半戦が見えてきて、確認すると
ぜんぜん進んで、いない。




え?



毎日やってるよね?
わたしもその姿毎日見てるはず、




このままじゃ提出期限に、間に合いません










休みの日になると

「せっかくの夏休みだし」

「この夏休みは楽しむ、と決めたんだ。」


とついつい子ども達と出かけていた





ここ数年、
夏休み中のわたしの疲れ顔がひどい
と人から言われてた



ご飯作って片付けて、洗濯して片付けて、
掃除して片付けて、宿題しては夕飯の準備







夏休みよ、、早く終わってくれ。。。










だから今年は決めたんだ



「子ども達と夏休みを楽しむ!!」




って



子どもが喜びそうで、
わたしも居心地が良さそうな所
誰かに聞いたり、調べたりして



大人も子どもも満足できる夏になるように
そう想って過ごすと毎日楽しくて、しあわせだな。
って想えるようになった








ここ数年、制限が多かったから余計かな?







大人になって、親になったら







夏が、こんなに疲れるだけものになるのかな?











わたし、夏が好きだったはず











好きなことも、忘れるほど ? 














毎日暑くて暑くて、
クーラーなしでは生きていけないし、子どものお腹はほって置いてもすくけど、









やっぱりこの、夏が好き。








 







子ども達の宿題は、


一向に進んでませんけどね‼w







今週のお題「人生最大のピンチ」

あなたはあなたのままで、


思い通りにいかないことがある





失敗して、しくじって
伝わらなくて、泣けてくる








そんなことが続くと、




もうわたしはダメなのかな




わたしはこのまま、ずっとダメで
なにひとつ、上手くいかなくて

わたしの人生は、このまま終わっていく…






なんて、負のループ。。



そんなループにハマってしまうことがある。










だけどきっと、そうじゃくて







ただ、ひとつ上手くいかなくて


たまたま、それが続くように感じて


なんだか、全部が全部ダメに見える。








きっと、そう見えているだけ






そう思っているだけ、









ダメなんかない。









ちょっとスムーズにいかない、


色んなものがズレてきていて





ちょっとやり直そ。








そんなお知らせ。









だから、







慌てなくていい




焦らなくていい







いつも通り、あなたはあなたのままで良い。

ちょっとゆるめで、ちょうどいい


山の中の小川へいった









そこは以前に行ったことがあった





はじめて訪れてすぐ、
心地良くて安らいだ



ふと思い浮かんでは、行きたくなる







透明の水が、ツヤツヤ流れていて

流れも優しく、包んでくれる


木の陰が自然にあって


見上げると葉っぱが、おだやかに揺れている



すき間から太陽の光がときどき、照らす







川の流れの中にいると、
自然の一部になったよう




身体の中まで流れていって






溜まっていたものが、流れていく












最近いろいろ考えすぎているな、



と感じていた





考えるタイミングが来ているのかな、






とも思う








考えすぎず、しっかり考える


いやいや、難しい…。









考えすぎ、考えすぎ、








今はちょっとゆるめで



きっと、ちょうどいいんだ

自分と出逢う


大音量で好きな音楽が聴けて、人目を気にせず
歌いたいときに歌えて、泣きたいときに泣ける






そんな場所、わたしにとっては車がそう







大好きな曲を思いっきり大きな音で聴く
なかなか家ではできないし、大きな声で歌えない


すぐにライブに行けたらいいけど、そうはいかない





車ならひとり
好きなだけ、思いっきり好きなようにできる







わたしには大事なこと









大好きな曲が染みてきて、泣ける


誰にも言えないこと、伝えたいけど伝わらない孤独




誰かと会おうか
でも誰かにも都合があるし、想いがある




今は誰かの想いを受け入れる、余裕はない









そっと車を走らせて、そっと感じる










そう想っていたんだ











いっぱいいっぱいの、自分が見えてくる













わたしはひとりで













ひとりだからこそ、自分と出会う。

そう想うだけで、強くなれる。


2年ぶりの友達と会った









「変わってないね」







「きっともう、変わらないと思う。」笑








数年なんてなかったみたいに話し始めた






最近ハマっていること、人
家の管理、家族のこと、友人、日々の暮らし



お互い好きなことに関しては熱心で
その他のことはそれなりでいいよね、という感じ





だけどそばにいる
年代が違う人とは、分かり合えないこともある



でも年代が違っても、心地良い人もいる







なにが違うんだろうね











久しぶりに同い年の子と話しをした


少し年代が違うと考えることが少し違う、
感じ方も違う






同い年は特別な感じがした








伝えなくても伝わることがあって









特別な気遣いはいらなくって









みんな自分の道を行っている










きっと悩んで、傷つくことだってあって











だけど何かを見つけては、











前に進んでいく










ずっとそばにはいないけど、










ずっと伴走してくれている












そう想うだけで、









力が湧いてくる

こんなに美しい世界


夕日が芸術的にきれい











夕方遅くに髪をカットしに出かけた
こんな時間から面倒だな、と思いながら
どうしても今、髪を切りたくて行った









大正解!






帰り際空を見上げるとなんとまぁ
こんなに美しい空(世界)が







だけど、夕日を見ている人はいなくて

わたしだけ?綺麗じゃない?



と思っていたら通りがかった女子が
空に向かって写真を撮った






そうだよね!キレイだよね!


うれしくなる







やっぱりきれい。










こんな時間に



こんな突然、髪を切りに行って得した🌸

いらないものを


ちょっとすっきりした











なんだかモヤモヤもやもや
チクチクちくちくするものがあった。



気分を変えにどこかへ行こうか、
誰かと会う気分でもないし
どこへ行こう、買い物でもする?




結局どこへ行く気もしなくて、
朝の片付けをして洗濯を干しに外に出た




風が気持ちいい






ウッドデッキなんて呼べる代物じゃないけど
それらしいそこの上に座り込んだ
外にある目隠しを少し動かして、道から見えないようにして


ゴロンと寝転んだ






家の間から空が見えて、雲が動いていく




風が吹き抜けていく







ちょっとの間そうやっていた
ぼーっと空を見上げて



身体を、風が吹き抜けていく






吹き抜けていく風と共に
なんだかいらないものも


流されていったみたい